株式会社西原環境

社員インタビュー

お客様から信頼され、
頼られるメンテナンス部隊を
目指す!

メンテナンス

2018年入社

現在の仕事内容を
教えてください

 西原が納めたプラント施設の機器および自社機器の修繕工事の施工管理、修繕工事の営業提案、また各現場の緊急対応といった幅広い内容の業務を日々行っています。主な業務は、施工管理や緊急対応といった現場作業になりますが、書類作成や見積り作成などの事務仕事も行っています。 各処理場に設置されている様々な機器の修繕を行い、処理場の適切な稼働状況を保つことが我々メンテナンス課の主な業務になります。








先輩社員の1日

業務スタート
9:00

お客様や業者さんと打ち合わせを行ったり、メールを確認し各作業のスケジュールを決定します。
現場がない日は、1日中書類を作ってる日も!

担当現場へ向かい施工スタート
9:30

現場へ向かい、施工担当業者さんと注意事項(主に安全)について打ち合わせを行い、施工スタート。 施工管理で一番大切なのは、施工業者さんの安全を確保することであると考えているため、念入りに打ち合わせを行います。 施工中は、施工管理記録(施工中の写真)をとったり、施工業者さんが打ち合わせ通り作業を行っているか等を管理しています。 

お昼休み
12:00

現場作業が多く、外食することが多いです。 様々な現場へ行くため、その土地ならではのご飯が食べることが出来、楽しみの一つになっています!

施工終了・帰社
15:00

現場施工が終了し、お客様と現場確認を行った後、帰社します。
現場作業が長引いてしまった場合は、直接帰宅することもあります。

書類作成
16:00

その日に終わった工事に関する施工管理記録や施工管理写真等の書類を整理します。

帰社・退社
17:30
翌日以降の予定を確認、整理して、業務終了になります。

仕事のやりがいを
教えてください

 現場施工や緊急対応を終えた際に、お客様から「あなたに頼んで正解だった」や「ありがとうございました」といった感謝の言葉等を頂いた際には、凄く嬉しく思い、この仕事をやってきて良かったと思います。 また、自分で修繕の営業提案を行い、発注および受注に繋げられた時も達成感が凄く、やりがいを持っています。

今後チャレンジ
したいことは?

 電気関係の分野の知識を身に着け、資格を習得したいと思います。 機器の修繕工事が主になるとは言いつつも、機器修繕工事を行う上で電気関係の計装機器についても関わる事があるため、自身の業務範囲を広めるためにも資格の習得を目指します!

この会社を
志望した理由は?

 学生時代に行っていた研究内容が水処理に関する内容であり、その頃から水処理に興味を持ち始め、水処理に関わる仕事に就きたいと考えていました。 西原環境は、100年以上に渡って日本の水環境を守ってきたという実績があり、長年培ってきた知識があります。この会社に入れば、水処理に関する古い知識から最新の知識を吸収することが出来、自身のスキルアップが図れると考え、入社しました。

学生へのメッセージを!

 会社の雰囲気がとても良く、上司や先輩社員は優しい方ばかりで、分からないことがあっても優しく教えてくれます。私自身、学生時代の専攻が機械ではなく、現在の業務に携わった当初は分からないことだらけで悩んでいましたが、回りの先輩方が優しくサポートして下さった結果、現在に至ります。 私のように、異なる分野から来た人たちに対しても、懇切丁寧に仕事を教えてくれる方が多いため、どんな方でも頑張れる会社だと思います!

社員インタビュー

メンテナンス

2018年入社

維持管理

2018年入社

設計

2018年入社

技術開発

2020年入社

設計

2018年入社

設計

2015年入社

営業

2015年入社

事業開発

2014年入社

維持管理

2016年入社

設計

2013年入社

CONTACT / お問い合わせ